使わないパソコンは廃棄処分に

使わなくなった古いパソコンは、粗大ゴミとして廃棄処分しようとするかもしれません。 しかしパソコンは資源有効利用促進法によって、メーカーに自主回収やリサイクルが義務付けられています。 そのため、パソコン処分は粗大ゴミとして出すことはできません。 所定の方法に基づいて、パソコン処分はしなければいけないのです。 ただし、パソコン処分として粗大ゴミに出せないのは、パソコンの本体とモニターのみです。 キーボードやマウスなどの周辺機器は、自治体によっては粗大ゴミとして出すこともできます。 パソコン処分をする前には、自治体のホームページなどを確認してからおこなってください。 パソコンの廃棄処分で使える方法は、主に3つあります。 比較的処分しやすいのは、地域にある廃品回収業者に引き取ってもらう方法です。 地域を巡回しているときに依頼をしても良いですし、インターネットや電話帳で探して依頼することもできます。 処分費用が必要な場合もありますが、無料で引き取りをしてくれることもあるので、調べてみましょう。 一般的なのは、製造メーカーに有償で回収してもらう方法です。 しかし、PCリサイクルマークがパソコン本体に付いていると無償で回収してくれますから、金銭的な負担は発生しません。 細かい回収方法はメーカーによって異なりますが、一般的にはメーカーまで配送することになります。 インターネットには、パソコン処分を専門にしている業者もあります。 こちらの廃棄処分の方法も、メーカーによる回収と同じで配送で受け付けています。 費用も無料なことが多いですから、無料でパソコン処分をしたいときには、メーカーか業者に回収してもらうのが良いかもしれません。 パソコン処分でどの廃棄処分の方法を選ぶにしても、ハードディスクのデータは完全に消しておくことが大切です。 メーカーや廃品回収業者に頼むと、データを完全に消去してくれませんから、パソコン処分の前に対策をしておきましょう。

更新情報・お知らせ