パソコンの処分の仕方

パソコンは個人情報の宝庫に

〔 2014/07/16 〕

インターネットが爆発的に普及してからというもの、パソコンはだれでも使用するようなものになりましたよね。 そして、そのためパソコンは今では個人情報の宝庫になっています。 もちろん、それ以前にも仕事でパソコンなどを使っていれば、個人情報がたくさん入っていたわけですが、それでも今から比べればそれほど多いものでもなく、またノートパソコンなどを持ち歩いて仕事をするような人もそれほどいませんでしたから情報流出にそれほど気を使う必要もありませんでした。 しかし、近年では一度情報が流出してしまうとあっという間に拡散されてしまうので、企業としてはそのようなことになったら信用問題に関わるだけに神経質になってしまうものです。 また、個人であっても大量の情報が入っていてまたネット通販などを利用した時の、カードの番号などが残っているとも限らないだけに、処分をすると気にはこれらの情報をしっかりと消去してから出ないと危険ですよね。

処分に困る前に確認する

〔 2014/07/16 〕

最近はパソコンの価格が非常に安くなってきて、誰でも手軽に買える時代になりましたよね。 また、何をするにしてもインターネットが必要不可欠な時代だけに、ネット端末としてもパソコンは欠かすことが出来ません。 そのため、パソコンを所有しているという人も多いでしょうが、それだけ買い換えをするという人も多くその際に古いパソコンを処分することになりますが、何も考えずにそのままごみの日に出して処分をしているという人は、多いのではないでしょうか。 しかし、これは非常に危険性がある行為でパソコンの中には個人情報がたくさん入っているだけに、そのまま処分するのは誰かに情報を抜き取られてしまう可能性があるのでとても危険です。 そのため、捨てる時にはまずデータをしっかりと消去してから捨てるのが良いでしょう。 より安全性を考慮するのであれば、HDDを取り出して物理的に破壊してしまえば情報を抜き取られずに済むので、心配であればそこまでしてみてはどうでしょうか。

データが消えてないと意味がない

〔 2014/07/16 〕

パソコンを処分する時に、そのままゴミ捨て場に出しているという人は多いのではないでしょうか。 近年はパソコンが非常に安価になり、また何をするにしてもネットなどを利用することが多いので、その際にパソコンは必要になってきます。 そのため、多くの人がパソコンを購入するようになりましたが、サイクルが早い製品だけに数年ごとに買い換えるという人もいますよね。 そのような時に古いものを処分することになりますが、そのまま捨ててしまっては情報がたくさん入っているものだけに、誰かに抜き取られてしまう可能性があります。 多くの人が処分をする前に重要なデータを削除して安心と思っているかもしれませんが、削除をしただけでデータが消えているとは限らないので注意が必要です。 OS上で行うデータの削除はあくまでも、OS上から見えなくなるだけで実際に消えておらず特別なソフトを使えば読み込むこともできることがあるのです。 そのため、パソコンを処分する時には完全にデータを消すことが出来るツールを使うか、物理的に記憶装置を破壊するようにしましょう。